スリッページまでシミュレーションして完全自動発注することの重要性

日経225Miniの完全自動発注では「スリッページ」が大きなコストです。 証券会社に払う取引手数料は1枚の往復で86円のコストほどですが、 スリッページが5円なら500円、10円なら1000円のコストですので、これはとてつもない大きなコストなわけです。 「寄り引けトレード」ならスリッページの心配はありませんが、 個人的には寄り引けトレードは恐ろしい・・というか、辛抱するのが大変・・というか、、チョットやる気にはなりません。   共有:共有GoogleメールアドレスPinterestLinkedInFacebook more →
Posted in: スリッページ