NT倍率を使ったサヤトリ投資で心配なスリッページ ArbimasterD3の実際 

日経225Miniなどのトレードで最も大きなコストは「スリッページ」です。 今月は完全自動版マーケットアナライザー225も好調で⁺1100円幅ほどですが、 実際の成績はスリッページなどでここに表記の成績の60~70%ほどになります。 共有:共有GoogleメールアドレスPinterestLinkedInFacebook more →
Posted in: スリッページ

完全自動発注のスリッページ ・・たまにはラッキーな逆もある

完全自動発注で「スリッページ」は最も大きなコストです。 もしスリッページがなければ、どんなに儲かっているコトかと思いますが、 それがマーケットの仕組み なのです。 このBlogでも何度か完全自動発注でスリッページを克服して利益を上げる話題について書いてきました。 共有:共有GoogleメールアドレスPinterestLinkedInFacebook more →
Posted in: スリッページ

完全自動発注の大きなコスト、スリッページを克服する施策1 ・・判定時間の制限

マーケットアナライザー225の完全自動版は月初はドローダウンがありましたが、持ち直してきています。 完全自動発注の場合に大きなコストは「スリッページ」です。 これがなければどんなに儲るだろうか・・と思いますが、マーケットの仕組みがそうなってるわけです。 濡れ手で粟みたいなことはないのですネ、、、。 完全自動版のマーケットアナライザー225の場合は、新規も返済も指値ですが、 利益確定幅に達しないExitでは成行なので、そこでスリッページが発生してしまいます。 スリッページを克服する方法ですが、先週から2つの方法を検証してましたが一つ目を公開します。 共有:共有GoogleメールアドレスPinterestLinkedInFacebook more →
Posted in: スリッページ

スリッページまでシミュレーションして完全自動発注することの重要性

日経225Miniの完全自動発注では「スリッページ」が大きなコストです。 証券会社に払う取引手数料は1枚の往復で86円のコストほどですが、 スリッページが5円なら500円、10円なら1000円のコストですので、これはとてつもない大きなコストなわけです。 「寄り引けトレード」ならスリッページの心配はありませんが、 個人的には寄り引けトレードは恐ろしい・・というか、辛抱するのが大変・・というか、、チョットやる気にはなりません。   共有:共有GoogleメールアドレスPinterestLinkedInFacebook more →
Posted in: スリッページ

完全自動発注の設定例とスリッページ

しばらく前に「活用ガイド 完全自動発注版マーケットアナライザー225」の中で完全自動発注に適した設定をご紹介しました。 設定のポイントなどを書いてありますので自動発注する場合はお読みいただきたいのですが、 もう一例、ご紹介します。 ・・・あまり変わりないですが・・(;: ■設定の例 平均期間 5 見送り条件1 0.75 見送り条件2 0.9 共有:共有GoogleメールアドレスPinterestLinkedInFacebook more →
Posted in: スリッページ